通信制高校についての一般的な疑問について

知られてきた「通信制高校」というキーワード

通信制高校という言葉を聞いたことがある人は今は当たり前のようにいると思います。
高校と名がついていますが通信制高校とは、普通の高校とは少しルールが異なります。
一般的な高校ならば、3年間通学し既定の日数を満たしある程度の成績を収めれば高校卒業という資格が与えられます。
通信制高校の場合は、普通の高校とは違い自分に合ったペースで勉強して高校卒業の資格を得ることができるのです。
なので、例えば普通の高校に通っていたけどなんらかの理由により退学や留年してしまった場合でも通信制の高校に再入学して高校卒業という資格を得ることもできるのです。

高卒資格を取りたい方が取れる学校

例えば社会人であっても、高卒の資格がない場合であっても働きながら通信制の高校に通い資格を取ることも可能なのです。
入学時期なども、通常の高校であれば4月に入学式と相場が決まっていますが通信制の場合大体どこの学校も年に2回、主に4月や10月に分けられることが多いようです。
勿論その2回だけの編入募集ではなく、常時いつでも募集としているところも多いようです。

通信制高校の学習&授業方法

通信での学科の進め方は通常の高校のそれとは違い、レポートによる課題をこなしていくことが主となります。
学校の基準で定められたレポートが配られ、それを生徒が独自に教科書や参考書などを使い学習しレポートを完成させ期日までに提出するというものです。
そして完成したレポートは学校配布の封筒に入れてそれを郵送するという形がとられているようです。
しかし最近では、インターネットを使って提出させる学校などもあるようです。
レポートをやっていて、もしわからないことがあれば学校に登校したときにそれぞれの科目の先生にアドバイスをもらったり、解き方を教えてもらえたりします。