各校の特色を出しながら競いあおう!

競いあおう!通信制高校の評判とメリット

日本の高等教育の現状

今の日本は教育の水準が世界的にみても非常に高いレベルにあるといわれています。実際に、高等学校への進学率は、97パーセントを超えているという調査結果が出ています。

日本の高校は3種類

またその進学の形態もさまざまあります。高等学校ではその過程によって、全日制課程と定時制課程と通信制課程の3つの課程別に分けることができます。
全日制課程は、多くの高等学校で採用されている課程であり、修業年限は3年です。またその過程の割合は、84.2パーセントと非常に高い割合となっています。
次に定時制高校とは、夜間やその他特別の時間や時期に授業を行う高校であり、その過程の割合は、12.3パーセントと全日制課程に次いで高い割合となっています。
最後に通信制高校とは、通信による教育を行う課程で、修業年限は3年以上となっています。その過程の割合は、3.5パーセントとなっています。

通信制高校のポジティブな側面

通信制高校の評判として非常にポジティブな意見としては、いろいろな状況があり全日制高校へ通学していたが、その全日制高校へ通学することができなくなる場合があります。
病気やけがなどもありますし、場合によってはいじめなどの問題もあります。
こういった不登校などの生徒でも通信制高校であれば、通学することがなく、また人間関係に悩まされることなく、高校を卒業することができます。また通信制であっても、全日制であっても同じ高校卒業資格となりますので、その後の進学や就職にも有利になることがあります。

選ぶべきは自分にあった№1通信制高校!

通信制を選ぶ際には、インターネットにはたくさんの資料請求をできるホームページなどもあります。その中から自分にあった学校を選ぶことができます。また学費も各学校それぞれですが、おおむね30万円前後が多いようです。
複数のポイントを比較して、あなたにとってナンバー1の通信制高校を選択しましょう。

最新記事